Cellular (2004) / セルラー

『セルラー』は2004年制作のアメリカ映画。原案はラリー・コーエン。

 ・ Amazon : セルラー [DVD]

 ・ Apple : (字幕版) – デヴィッド・R・エリス

 ・ GooglePlay : セルラー

 ・ TSUTAYA DISCAS : セルラー

 ・ Youtube : Cellular (2004) / セルラー

Cellular (2004) / セルラーのあらすじ

生物教師のジェシカ(キム・ベイシンガー)は突然、自宅に押し入ってきた男たちに誘拐される。犯人のリーダー格のイーサン(ジェイソン・ステイサム)はジェシカをある家の屋根裏部屋に監禁。さらにその部屋にあった電話を破壊し出て行く。ジェシカは粉々になった電話を何とか使えるまでに修復し外部に助けを求める。そこで繋がったのは見ず知らずの青年ライアン(クリス・エヴァンス)の携帯電話だった。ジェシカの切迫した声に押され、切れそうになる電波を持たせながらジェシカ一家救出の為奔走する。またライアンから捜索依頼を受けたボブ巡査部長(ウィリアム・H・メイシー)も事件に巻き込まれていく。

関連記事

  1. Unbreakable (2000) / アンブレイカブル

  2. Phone Booth (2002) / フォーン・ブース

  3. Memento (2000) / メメント

  4. Blood Work (2002) : ブラッド・ワーク

  5. The Experiment (2001) / es[エス]

  6. The Mist (2007) : ミスト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。