Bound (1996) / バウンド

『バウンド』(原題:Bound)は、1996年のアメリカ映画。クライムサスペンス映画である。後に『マトリックス』シリーズを監督するアンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー(ウォシャウスキー兄弟)の初監督作品に当たるフィルムノワール。
 ・ TSUTAYA DISCAS : バウンド

 ・ amazon : Bound (1996) / バウンド

 ・ Youtube : Bound (1996) / バウンド

Bound (1996) / バウンドのあらすじ

5年の服役を終えたレズビアンの女泥棒コーキー(ジーナ・ガーション)は、マフィアの伝手でアパートの一室を改装する仕事に就く。隣の部屋で暮らすのは、マフィアのシーザー(ジョー・パントリアーノ)とその恋人ヴァイオレット(ジェニファー・ティリー)。コーキーとヴァイオレットはお互いに惹かれあうようになり関係を持つ。
ある日、シーザーとの生活に耐えられなくなったヴァイオレットは、シーザーが預かっている200万ドルを持ち逃げしようとコーキーに持ちかけ、コーキーは完璧な計画を立てる。

関連記事

  1. 1990年前半のサスペンス映画

  2. L.A. Confidential (1997) : L.A. コンフィデンシャル

  3. Eye of the Beholder (1999) / 氷の接吻

  4. The Sixth Sense (1999) / シックス・センス

  5. 1990年代後半のサスペンス映画

  6. Breakdown (1997) / ブレーキ・ダウン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。