Ransom (1996) / 身代金

『身代金』(みのしろきん、原題: Ransom)は、ロン・ハワード監督、メル・ギブソン主演のサスペンス映画。1996年製作。1956年のアメリカ映画『誘拐』のリメイク作品。原作では息子を誘拐された被害者夫婦とその周囲、そして世間の世論にスポットライトが当てられていたが、本作では犯人グループについても細かく描写されているのが特徴である。
 ・ TSUTAYA DISCAS : 身代金
 ・ amazon : Ransom (1996) / 身代金
 ・ Youtube : Ransom (1996) / 身代金

Ransom (1996) / 身代金のあらすじ

息子を誘拐された主人公(メル・ギブソン)が、犯人との交渉において奇抜な行動に打って出る。
主人公は新興の航空会社社長。身代金目的で子供を誘拐されるが、犯人との取引で身代金を支払らっても子供は生きて帰ってこないと直感。思い悩んだ末に、妻や警察の制止を振り切って、TVを利用して犯人に懸賞金を掛けて強引な交渉に出る。
主人公の行動に世間は沸き立つが、これによって犯人グループの中にも不協和音が生まれることに・・・。

関連記事

  1. Mute Witness (1994) / ミュート・ウィットネス

  2. A Simple Plan (1998) / シンプル・プラン

  3. Basic Instinct (1992) / 氷の微笑

  4. Wild Things (1998) / ワイルドシングス

  5. Primal Fear (1996) / 真実の行方

  6. 1990年前半のサスペンス映画

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。