A Judgement in Stone (1995) / 沈黙の女 / ロウフィールド館の惨劇

『沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇』(ちんもくのおんな/ロウフィールドかんのさんげき、La Cérémonie)は1995年のフランス・ドイツ合作映画。原作はイギリスの推理作家ルース・レンデルの小説『ロウフィールド館の惨劇』。
 ・ TSUTAYA DISCAS : 沈黙の女 / ロウフィールド館の惨劇

 ・ amazon : 沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇[DVD]

 ・ Youtube : A Judgement in Stone (1995) / 沈黙の女 / ロウフィールド館の惨劇

A Judgement in Stone (1995) / 沈黙の女 / ロウフィールド館の惨劇のあらすじ

ディスレクシア(文字の読み書きに関する障害)であることをひた隠しにしていた家政婦が、その事実を暴かれたことをきっかけに雇い主であるブルジョワ一家に不満を抱くようになり、遂には、かねてより一家を憎んでいた友人とともに一家全員を惨殺するに至るまでを描いている。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Shallow Grave (1994) / シャロウ・グレイブ

  2. The Game (1997) / ゲーム

  3. 1990年代後半のサスペンス映画

  4. Eye of the Beholder (1999) / 氷の接吻

  5. Wild Things (1998) / ワイルドシングス

  6. The Sixth Sense (1999) / シックス・センス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。