JFK (1991) / JFK

『JFK』(JFK)は、オリバー・ストーン監督の1991年のアメリカ映画。ケネディ大統領暗殺事件の捜査に執念を燃やす地方検事ジム・ギャリソン(ケビン・コスナー)を中心に描いた現代史ミステリー。大統領暗殺をめぐる唯一の訴訟であるクレイ・ショー裁判にいたる捜査を題材として描いている。
第64回アカデミー賞で撮影賞と編集賞を受賞した。

 ・ amazon : JFK (1991) / JFK

 ・ Apple : JFK(ディレクターズ・カット)[吹替版] – Oliver Stone

 ・ Youtube : JFK (1991) / JFK

JFK (1991) / JFKのあらすじ

ニューオーリンズの地方検事であるジム・ギャリソン(ケビン・コスナー)は、昼食中に大統領暗殺の第一報を受けた。しかし、直後に逮捕されるリー・ハーヴェイ・オズワルド(ゲイリー・オールドマン)という人物に、彼は大多数のアメリカ人とは別のショックを受ける。ニューオーリンズの法曹関係者の間ではオズワルドという男は有名人であったからである。 オズワルドは不思議な過去を持ち、奇行を繰り返し、キューバ人の団体とトラブルを起こしていた人物だった。彼はすぐにこの人物の調査を始めるも、大統領暗殺事件の二日後にさらに事件が起こった。マスコミや大勢の警官がいるさなか、オズワルドが警察署の中でジャック・ルビーという男に射殺されたのだ。 それから約3年後、ギャリソンはウォーレン委員会の報告書を何度も読破し、調べれば調べるほど事件の矛盾点や疑問点という名の霧が彼を包む。そしてその霧が一気に雹となって彼の体を叩く。この瞬間、名誉も仕事も家族も捨て去ることになる、彼と合衆国との長い戦いが始まったのだった。

関連記事

  1. Mute Witness (1994) / ミュート・ウィットネス

  2. Homicide (1991) / 殺人課

  3. Ransom (1996) / 身代金

  4. A Simple Plan (1998) / シンプル・プラン

  5. The Sixth Sense (1999) / シックス・センス

  6. Falling Down (1993) / フォーリング・ダウン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。