Psycho (1960) / サイコ

『サイコ』(Psycho)は、1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。アルフレッド・ヒッチコック監督によるサイコ・ホラー系のサスペンス映画で、全編がモノクロ映像である。音楽はバーナード・ハーマン。ヒッチコック監督の前作『北北西に進路を取れ』に引き続き、タイトルデザインをソウル・バスが担当。脚本はジョセフ・ステファノ、作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。

 ・ YouTube Cinema : サイコ(1960) 字幕版

Psycho (1960) / サイコのあらすじ

金曜日の午後、アリゾナ州フェニックスのホテルで、地元の不動産会社のOLのマリオン(ジャネット・リー)は恋人サム(ジョン・ギャビン)と情事にふけっている。カリフォルニアで金物店を営むサムは、経済的な理由でマリオンとの再婚に踏み切れずにいる。職場に戻ったマリオンは、客が払った代金4万ドルを銀行まで運ぶことになるが、彼女は札束を持ったまま、車でサムのいる町へ向かってしまう。その道すがらパトロールの警官や中古車店の店主に不審の目を向けられるが、彼女の持ち逃げは表沙汰になっておらず、それ以上のことは起こらない。
さらに車を進めるうち、たまたま看板が目に留まったベイツというモーテルに寄る。そこは青年ノーマン(アンソニー・パーキンス)が一人で切り盛りする小さな宿で、彼は隣接した丘の上に建つ屋敷に住んでいた。マリオンは宿の応接室で食事をとりながらノーマンの話を聞く。屋敷には母親もいて、数年前から彼が世話をしてきたという。客室に戻ったマリオンがシャワーを浴びていると、何者かが刃物を振りかざして襲ってくる。何度も刺された彼女は床に倒れ、絶命してしまう。直後に飛び込んできたノーマンは浴室を清掃し、死体と所持品を彼女の車のトランクに押し込み、近くの沼まで運ぶ。車は4万ドルの札束もろとも、沼の中に沈んでいく。
サムの店に、マリオンの姉ライラ(ヴェラ・マイルズ)が妹の消息を尋ねに来る。そこにアーボガスト(マーティン・バルガス)も加わる。アーボガストは、マリオンに金を持ち逃げされた関係者が警察沙汰を避けるために雇った私立探偵だった。店を出た探偵は、街中の捜索を続けるうちにベイツ・モーテルに行き着く。宿帳からマリオンが訪れたことは確かめたが、不審な態度をとるノーマンを問い詰めても、手がかりは得られない。

関連記事

  1. Twisted Nerve (1968) / ツイステッド・ナーブ 密室の恐怖実験

  2. The Manchurian Candidate (1962) / 影なき狙撃者

  3. Z (1969) / Z

  4. Whatever Happened To Baby Jane ? (1962) / 何がジェーンに起ったか?

  5. Fail-Safe (1964) / 未知への飛行/フェイル・セーフ

  6. 1960年代のサスペンス映画

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。