Three Days of the Condor (1975) / コンドル

『コンドル』(Three Days of the Condor)は、ロバート・レッドフォード主演の1975年のアメリカ映画。ポリティカル・サスペンスにロマンスをちりばめた作品。第48回アカデミー賞では編集賞候補となった。原作はジェイムズ・グレイディによる『コンドルの六日間』(Six Days of the Condor)。
 ・ amazon : Three Days of the Condor (1975) / コンドル
 ・ amazon prime: Three Days of the Condor (1975) / コンドル
 ・ Youtube : Three Days of the Condor (1975) / コンドル

Three Days of the Condor (1975) / コンドルのあらすじ

舞台はニューヨーク、アメリカ文学史協会はCIAの第17部第9課として各国の雑誌書籍の収集・分析を行っていた。
ある日の白昼、アメリカ文学史協会は自動小銃で武装した男3人により襲撃され、協会職員は次々と射殺される。たまたま裏口から外出していたために命拾いをしたコードネーム“コンドル”ことジョセフ・ターナー(ロバート・レッドフォード)は、CIA本部に緊急連絡し保護を求める。
CIAニューヨーク支局長ヒギンズ(クリフ・ロバートソン)の指示で第17部長のウィクスという男に落ち合うことになったが、そのウィクスに銃撃を受ける。辛くも脱走したが、孤立状態となったコンドルは、偶然見かけた女性写真家キャサリン・ヘイル(フェイ・ダナウェイ)を拉致同然に巻き込み、独力で真相を暴こうとする。
CIAの暗部に近づこうとするコンドルに謎の殺し屋ジュベール(マックス・フォン・シドー)が忍び寄る。

関連記事

  1. Rider on the Rain (1970) / 雨の訪問者

  2. Deliverance (1972) / 脱出

  3. Don’t Look Now (1973) / 赤い影

  4. 1970年代のサスペンス映画

  5. The Conversation (1973) / カンバセーション…盗聴…

  6. Duel (1971) / 激突!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。