Deliverance (1972) / 脱出

『脱出』(Deliverance)は、1972年公開のアメリカ合衆国のサスペンス・アドベンチャー映画。ジェームズ・ディッキーが自身の原作をもとに脚色、後に『エクソシスト2』『エクスカリバー』などでカルト的な人気を博すジョン・ブアマンが監督を担当。主演ジョン・ボイド、バート・レイノルズ
 ・ amazon : Deliverance (1972) / 脱出
 ・ amazon prime : Deliverance (1972) / 脱出
 ・ Youtube : Deliverance (1972) / 脱出

Deliverance (1972) / 脱出のあらすじ

ダム建設によって湖底に沈むという渓流で、最初で最後の川下りを楽しもうと四人の男がやってきた。 彼らは消えゆく自然を憂えたり、ダムの必要性について論議したりしながら、カヌーを積んだ二台の車を上流の村落まで走らせた。しかしもとより過疎地帯で観光地というわけでもなく、現地の人々に歓迎のムードはどこにもなかった。川を下った先にある町まで車を搬送してもらえないかと頼むが話はスムーズに進まず、逆に「ダム建設会社の人間か」などと尋ねられ、警戒心をむき出しにされてしまう。それでも金を使ってなんとか頼み込んで車を託し、四人は川へと乗り出していった。
今回のリーダーでもあり、アウトドア派のルイス(ジョン・ボイド)の号令で四人が乗った二艘のカヌーは川を下り、急な流れを切り抜けたり、美しく手つかずの自然を楽しんだりした。夜になって河原に上がった彼らは、興奮と満足のなかで一夜を明かしたが、翌日の朝に起きた予想外の事件が総てをぶち壊してしまう。岸辺を散策していたエドとボビーが、二人組の現地人から理屈に合わない因縁を吹っ掛けられ、銃を突きつけながら性的な辱めを受けてしまったのだ。この危機を救ったのは背後から男を弓矢で射抜いたルイスだったが、その一撃によって男はまもなく死んでしまう。

関連記事

  1. Straw Dogs (1971) / わらの犬

  2. Don’t Look Now (1973) / 赤い影

  3. Three Days of the Condor (1975) / コンドル

  4. Deep Red (1974) / サスペリア Part2

  5. 1970年代のサスペンス映画

  6. Duel (1971) / 激突!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。