The Conversation (1973) / カンバセーション…盗聴…

『カンバセーション…盗聴…』(原題:The Conversation)は、1974年製作のアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラ監督・製作・脚本作品。ジーン・ハックマン主演。殺人計画に巻き込まれた盗聴のエキスパートの心理的恐怖を描いた作品。サスペンス映画の傑作として高く評価されている。

 ・ amazon : The Conversation (1973) / カンバセーション…盗聴…

 ・ amazon prime : The Conversation (1973) / カンバセーション…盗聴…

 ・ Apple : カンバセーションズ (字幕版) – ハンス・カノーザ

 ・ Youtube : The Conversation (1973) / カンバセーション…盗聴…

The Conversation (1973) / カンバセーション…盗聴…のあらすじ

サンフランシスコ在住の盗聴のプロフェッショナル、ハリー・コール(ジーン・ハックマン)。通信傍受の権威としての輝かしい名声とは裏腹に、彼の私生活は孤独そのものだった。それは他者の秘密を盗み聞きするという盗聴という仕事を生業にしていながら、ハリーが自らのプライバシーの保持に異常に気を使っているからだった。そのためにハリーは、彼とより親密な交際を求める恋人とも別れる羽目になってしまう。そんな彼にとって唯一の心の支えは、厳重に外部から隔離された自室で、ジャズの調べに合わせてサクソフォンを演奏することだった。
ハリーはある日、大企業の取締役からの依頼を受けて、雑踏にまみれたユニオンスクエアで密会する若い男女二人組の会話を盗聴する。一見すると他愛の無い世間話に見えた二人の会話だが、そこに不審なものを感じたハリーは依頼人の補佐役に対し、録音したテープの受け渡しを拒否する。依頼人のオフィスからの帰り道にハリーは、公園で盗聴したカップルに遭遇する。例の二人組は、実はその会社に勤めていた社員であり、女の方は依頼人の妻だったのだ。
仕事場で何度もテープを聞き返すうちに、ハリーは男の「もしかしたら彼に殺されるかもしれない」という会話を拾い上げる。昔自分が盗聴したテープにより殺人事件を引き起こしてしまったという負い目があるハリーは、カップルの安全のためにテープを守ることを決意する。しかし、通信傍受の専門家たちが集まるカンファレンスの後、恋人と別れて傷心気味だったハリーは、彼の孤独に付け込んで来た女情報員によってテープを奪われてしまう。

関連記事

  1. Deep Red (1974) / サスペリア Part2

  2. Duel (1971) / 激突!

  3. Rider on the Rain (1970) / 雨の訪問者

  4. Straw Dogs (1971) / わらの犬

  5. Don’t Look Now (1973) / 赤い影

  6. Sisters (1973) / 悪魔のシスター

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。