Don’t Look Now (1973) / 赤い影

『赤い影』(英: Don’t Look Now、伊: A Venezia… un dicembre rosso shocking)は、1973年のイギリスとイタリアによる合作映画。
『鳥』、『レベッカ』などアルフレッド・ヒッチコック作品で知られる小説家ダフネ・デュ・モーリアの短編「いまは見てはだめ」を映画化したもの。
ニコラス・ローグによるオカルト色の濃いサスペンス・スリラーで、赤を効果的に用いたイメージと、カットバック映像を凝らした撮影監督出身らしい視覚映像で迫る作品。
 ・ amazon : Don’t Look Now (1973) / 赤い影

 ・ amazon prime: Don’t Look Now (1973) / 赤い影

 ・ Youtube : Don’t Look Now (1973) / 赤い影

Don’t Look Now (1973) / 赤い影のあらすじ

イギリス。バクスター夫妻は、突如として愛娘クリスティン(シャロン・ウィリアムズ)を水難事故で失ってしまう。
数ヶ月後、ジョン(ドナルド・サザーランド)は妻ローラ(ジュリー・クリスティ)を連れ、教会修復の仕事でイタリアのベニス(ヴェネツィア)へと赴いていた。ある日、夫妻は年老いた姉妹と邂逅する。姉ウェンディ(クレリア・マタニア)曰く、盲目の妹ヘザー(ヒラリー・メイソン)には霊感があり、赤いレインコートを着た亡き娘さんの姿が視えるというのだ。その後、姉妹と再会したローラは、亡き娘の言葉を借りたヘザーから「ベニスを去らなければ、ジョンの身に危険が降りかかる」と忠告される。ジョンはその警告に取り合わず、ローラは不安になるのだった。

関連記事

  1. Straw Dogs (1971) / わらの犬

  2. Duel (1971) / 激突!

  3. 1970年代のサスペンス映画

  4. Rider on the Rain (1970) / 雨の訪問者

  5. Deep Red (1974) / サスペリア Part2

  6. The Conversation (1973) / カンバセーション…盗聴…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。