The Life of David Gale (2003) / ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』(The Life of David Gale)は、2003年のアメリカ映画。冤罪や死刑制度について問う、アラン・パーカー監督、チャールズ。ランドルフ脚本のサスペンス・ドラマ。

The Life of David Gale (2003) / ライフ・オブ・デビッド・ゲイルのあらすじ

死刑廃止論者である元大学教授のデビッド・ゲイル(ケヴィン・スペイシー)が、元同僚の女性コンスタンス(ローラ・リニー)をレイプ・殺害した容疑で死刑宣告を受ける。
彼は自らの手記を綴るため、女性新聞記者ビッツィー(ケイト・ウィンスレット)を呼び寄せる。ゲイルの話を聞くうちに、ビッツィーは彼は冤罪ではないかと考え始め、調査を始める。

Amazon Video : ライフ・オブ・デビッド・ゲイル (字幕版)

GooglePlay : ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

Amazon : ライフ・オブ・デビッド・ゲイル [DVD]

TSUTAYA DISCAS : ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

関連記事

  1. Identity (2003) / ”アイデンティティー”

  2. Memories of Murder (2003) / 殺人の追憶

  3. The Pledge (2001) / プレッジ

  4. The Mist (2007) : ミスト

  5. 2000年代前半のサスペンス映画

  6. Femme Fatale (2002) / ファム・ファタール

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。