SEVEN (1995) / セブン

『セブン』(Seven, 劇中の表記は”Se7en”)は、猟奇殺人を描いた1995年のアメリカ映画。監督はデヴィッド・フィンチャー。
キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件と、その事件を追う刑事たちの姿を描いたサイコ・サスペンス。先鋭的な映像センスと、ノイズを活用した音響により、シリアスかつダークな独特の世界観を描いている。
4週連続で全米興行成績1位に輝いた大ヒット映画であり、IMDBでは『第三の男』、『シャイニング』を上回る評価を得ている。

 ・ amazon prime video : セブン(字幕版)
 ・ youtube movie : セブン(字幕版)

SEVEN (1995) / セブンのあらすじ

雨の降り続く、ある大都会。退職まであと1週間と迫ったベテラン刑事サマセット(モーガン・フリーマン)と、血気盛んな新人刑事ミルズ(ブラッド・ピット)は、ある死体発見現場に急行した。死体は信じられないほど肥満の男であり、彼は食べ物の中に顔を埋めて死んでいた。死因は食物の大量摂取とその状態で腹部を殴打されたことによる内臓破裂。状況から、何者かによって手足を拘束され、銃で脅されながら食事を強制されていたことが判明し、殺人事件と断定される。サマセットは死体の胃の中から発見されたプラスチックの破片から、現場の冷蔵庫の裏に、犯人が脂で書いたと思われる「GLUTTONY(暴食)」の文字と、事件の始まりを示唆するメモを発見する。
次の被害者は強欲な弁護士のグールドであり、彼は高級オフィスビルの自室で血まみれになって殺されていた。死体はちょうど贅肉の部分を1ポンド分切り落とされており、状況から犯人は2日かけて、被害者にどこの肉を切るか選ばさせていたと推定された。現場には被害者の血で「GREED(強欲)」の文字が残されており、サマセットは、犯人が「七つの大罪」をモチーフにして殺人を続けていると判断する。その後の捜査で、壁に指紋で書かれた「HELP ME」の文字が発見され、その指紋から前科者の通称ヴィクターが浮かび上がる。
警察がヴィクターの部屋に踏み込むと、彼は左手首を切られ、舌を噛み切った状態で、1年間ベッドに縛りつけられて廃人となっていた。壁には「SLOTH(怠惰)」の文字が書かれていた。さらに、警察が踏み込んだ日のちょうど1年前からヴィクターが衰弱していく模様を写した写真が残されており、犯人は計算した上でヴィクターを拘束し始めた日のちょうど1年後の日にわざと警察にヴィクターの部屋を踏み込ませたのだった。

関連記事

  1. The Sixth Sense (1999) / シックス・センス

  2. Eye of the Beholder (1999) / 氷の接吻

  3. 1990年前半のサスペンス映画

  4. The Silence of the Lambs (1990) / 羊たちの沈黙

  5. Arlington Road (1998) / 隣人は静かに笑う

  6. The Game (1997) / ゲーム

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。