Body Double (1984) / ボディ・ダブル

『ボディ・ダブル』(Body Double)は、1984年のアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。 ブライアン・デ・パルマ監督が、ヒッチコックの『裏窓』(1954年)や『めまい』(1958年)をモチーフに、技術的にもかつてのヒッチコック映画で使われた技法を駆使して作った個人趣味の集大成的スリラーであり、エロチック度が加味されている。

 ・ amazon : Body Double (1984) / ボディ・ダブル
 ・ amazon prime : Body Double (1984) / ボディ・ダブル
 ・ Youtube : Body Double (1984) / ボディ・ダブル

Body Double (1984) / ボディ・ダブルのあらすじ

B級映画専門の俳優のジェイク(クレイグ・ワッソン)は、「吸血鬼のキス」という怪奇映画に主演していたが、撮影中、昔からの閉所恐怖症に悩まされ失意のまま帰宅する。帰ると同棲中の恋人が他の男と、セックスにふけつていた。意気消沈のジェイクは、あるオーディション会場で、サム(グレッグ・ヘンリー)と知り合い、彼の家へ招かれる。ゴージャスなサムの家にうっとりするジェイクに、彼は望遠鏡を通して魅惑的な隣人のグロリア(デボラ・シェルトン)の存在を教える。公演でしばらくの間旅に出ることになったサム。留守番を頼まれたジェイクは、グロリアに魅せられ毎晩のようにレンズから熱い視線を送った。ある夜、グロリアが謎の男と激しい口論を交わすのを目撃したジェイクは、翌日も彼女が男につけられていることを知る。不吉な予感にかられたジェイクは、ランジェリー・ショップで下着を買った後、海辺のホテルヘ向かう彼女を追い続けた。浜辺を歩くグロリアの背後から突然インディアンが現れ、彼女のバッグを奪いマンションのキー・カードを持ち去る。ジェイクはインディアンを必死で追うが、閉所恐怖症に再び襲われ、寸前のところで男を取り逃してしまう。しかし、それが縁で2人は愛の言葉を交わし強く抱き合った。その 夜、インディアンがグロリアの寝室に忍び込むのを目にしたジェイクは、彼女の家に駆けつけるが、そこには電気ドリルでズタズタにされたグロリアの変わりはてた死体があった。警察の捜査の甲斐もなく、事件が迷宮入りの様相を呈してきた時、偶然、ジェイクはポルノビデオに映し出されたブロンドの女ホリー(メラニー・グリフィス)が、グロリアの踊り方と全く同じであることに気づき、彼女に言葉巧みに近づく。そして、かつてジェイクがグロリアの部屋を覗いていた時に、ホリーが彼女の部屋で踊っていたことを知る。ホリーがジェイクと別れ帰宅する途中、インディアンに連れ去られた。その頃ジェイクは、陰謀にはめられていることに気づくとともに、ホリーの命が危いことを察知し彼女を追った。ホリーを貯水場に連れ込み、穴にうめようとしているインディアンに飛びかかるジェイク。もみ合ううちにインディアンの面が取れる。それは、何とサムであった。そして、自分が犯人とばれ、必死に襲いかかるサムは、勢いあまって貯水場の川に落ちてしまった。全ての謎は解け、ジェイクは心機一転、新作映画の役にうちこむのだった。

関連記事

  1. Blow Out (1981) / ミッドナイトクロス

  2. Blood Simple (1984) / ブラッド・シンプル

  3. The Package (1989) / ザ・パッケージ/暴かれた陰謀

  4. The Plumber (1979) / ザ・プラマー 恐怖の訪問者

  5. Munhunter (1986) / 刑事グラハム/凍りついた欲望

  6. The Stepfather (1987) / W/ダブル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。