Blue Velvet (1986) : ブルーベルベット

『ブルーベルベット』(Blue Velvet)は、1986年に制作されたアメリカ映画。監督・脚本は、デイヴィッド・リンチ。

監督:デイヴィッド・リンチ
出演:カイル・マクラクラン、イザベラ・ロッセリーニ、ローラ・ダーン、デニス・ホッパー

 ・ amazon : Blue Velvet (1986) / ブルーベルベット

 ・ prime video : ブルーベルベット (1986)

 ・ Hulu : Blue Velvet (1986) / ブルーベルベット

Blue Velvet (1986) / ブルーベルベットのあらすじ

父親の入院を期に、ジェフリー・ボーモント(カイル・マクラクラン)は、大学を休学して、生まれ故郷である田舎町、ランバートンに帰郷した。そんなある日、父親を見舞った帰りに、野原を通りかかったジェフリーは、そこで、切断された人間の片耳を発見する。
問題の片耳を、父親の友人である、ジョン・ウィリアムズ刑事の元に届けたジェフリーは、それが縁で、ウィリアムズ刑事の娘、サンディと知り合う。ウィリアムズ刑事の話を盗み聞きしたサンディによると、今回の事件には、ドロシー・ヴァレンズなるクラブ歌手(イザベラ・ロッセリーニ)が、関係しているらしい。
好奇心を覚えたジェフリーは、事件解決の手がかりを得るため、サンディの協力で、ドロシーが暮らす、ディープ・リヴァー・アパートの710号室に、無断で侵入する。クローゼットに身を潜めたジェフリーが、そこで垣間見たのは、ドロシーが、謎の人物、フランク・ブースと共に繰り広げる、倒錯的な性行為の一部始終であった。
この事をきっかけに、ジェフリーは徐々に、隠されていた世界へと、引きずり込まれていく。

Blue Velvet (1986) / ブルーベルベットのストーリー

ノース・キャロライナ州ランバートン。製材が主産業の絵に描いたようにのどかな町だ。大学生のジェフリー(カイル・マクラクラン)は父の急病のため帰郷し、病院に見舞いに行った帰り、野原で人間の片耳を発見。警察でウィリアムズ刑事(ジョージ・ディッカーソン)に渡す。夜、刑事宅を尋ねたジェフリーは、同家の娘サンディ(ローラ・ダーン)から、「この耳の事件はディープ・リヴァー荘に住む歌手がかかわっているらしい」と聞かされる。翌日、彼は歌手ドロシー(イザベラ・ロッセリーニ)の部屋に消毒と称して入り込み、鍵を盗み出す。彼はサンディとスロー・クラブに行き、ドロシーが官能的に歌う「ブルー・ベルベット」を聞く。その後、ドロシーの部屋に忍びこんだジェフリーは、彼女が戻ってきたのでクロゼットに隠れて覗き見する。フランク(デニス・ホッパー)が来て、卑猥な言葉をわめき、酸素吸入器を使い、青いベルベットを咥えつつドロシーを犯す。どうやらフランクは彼女の息子と夫を人質にとっているらしい。ジェフリーはフランクを尾行し黄色い服の男(フレッド・ピックラー)と接触するところを目撃。翌日、ドロシー宅を訪れたジェフリーは彼女と煽情的な愛を交わす。だが、フランクに見つかり、子分たち(ブラッド・ドゥリフ、ジャック・ナンス)にこずかれながら、おかまのベン(ディーン・ストックウェル)の店へ。彼は麻薬密売人で彼女の息子はここに監禁されていた。ジェフリーはさんざん殴られてしまう。翌日、ジェフリーは警察に行き、黄色の服の男はゴードンという刑事と知り驚く。サンディとパーティに行って帰宅すると、全裸のドロシーが待っていて、その姿を見たサンディはショックと嫉妬で半狂乱となる。ドロシーの部屋に行ったジェフリーは耳のない男とゴードンの死体を発見。フランクが現われるが、ジェフリーが射殺する。ランバートンに再び平和がもどってきた。

関連記事

  1. The Package (1989) : ザ・パッケージ/暴かれた陰謀

  2. Fatal Attraction (1987) : 危険な情事

  3. Munhunter (1986) : 刑事グラハム/凍りついた欲望

  4. 1980年代のサスペンス映画

  5. No Way Out (1987) : 追いつめられて

  6. Blood Simple (1984) / ブラッド・シンプル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。