L.A. Confidential (1997) / L.A. コンフィデンシャル

『L.A.コンフィデンシャル』(エルエーコンフィデンシャル、L.A.Confidential)は、1990年に発刊されたジェイムズ・エルロイの『L.A.四部作』の第3部である小説、またそれを原作とした1997年公開のカーティス・ハンソンが監督・製作・脚色を兼任したアメリカ映画。

L.A. Confidential (1997) / L.A. コンフィデンシャルのあらすじ

1950年代のロサンゼルスではマフィアの幹部ミッキー・コーエンの逮捕をきっかけに血みどろの抗争が繰り広げられていた。ある日、街のコーヒーショップで客が皆殺しにされる猟奇殺人事件がおきる。被害者の一人は刑事だった。その刑事の相棒だったバド(ラッセル・クロウ)は新入りのエド(ガイ・ピアーズ)、ジャック(ケヴィン・スペイシー)と共に事件の捜査に当たる。やがて犯人と見られる三人組はエドに射殺され、事件は解決したかに見えたが。

Amazon : L.A.CONFIDENTIAL[Blu-ray]

TSUTAYA DISCUS : L.A.コンフィデンシャル

関連記事

  1. Shallow Grave (1994) / シャロウ・グレイブ

  2. Mute Witness (1994) / ミュート・ウィットネス

  3. Arlington Road (1998) / 隣人は静かに笑う

  4. Bound (1996) / バウンド

  5. Homicide (1991) / 殺人課

  6. 1990年代後半のサスペンス映画

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。