Argo (2013) : アルゴ

1979年から1980年にかけて発生した在イランアメリカ大使館人質事件を題材とした、ベン・アフレック監督・製作・主演による2012年の第85回アカデミー賞作品賞受賞作品。

 ・ Prime Video : Argo (2013) : アルゴ

 ・ YouTube : Argo (2013) : アルゴ

 ・ NetFlix : Argo (2013) : アルゴ

 ・ Google Play : Argo (2013) : アルゴ

 ・ U-NEXT : Argo (2013) : アルゴ

Argo (2013) : アルゴのあらすじ

イラン革命により、1979年2月にルーホッラー・ホメイニー率いる反体制勢力がモハンマド・レザー・パフラヴィー国王をイランから放逐したものの、その後国外に亡命したパフラヴィー元国王をアメリカが受け入れたことに反発したイスラム法学校の生徒を中心とした反米デモ隊が、同年11月にテヘランのアメリカ大使館を占拠し、52人のアメリカ人外交官が人質に取られた。

だが、大使館が占拠される直前に6人のアメリカ人大使館員が大使館から脱出し、近くにあるカナダ大使公邸に匿われる。しかし6人が脱出したことを新政府(イスラーム革命評議会)は気づいていなかった。これを受けてCIA秘密工作本部作戦支援部のトニー・メンデス(ベン・アフレック)は6人をイランから救出するため、『アルゴ』という架空のSF映画をでっち上げて、6人をそのロケハンのスタッフに身分偽変させ秘密裏にテヘランから脱出させるという作戦をたてる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. In Time (2011) / TIME/タイム

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。