Rear Window (1954) / 裏窓

『裏窓』(うらまど、Rear Window)は、1954年のアメリカ映画。ニューヨークのとあるアパートを舞台にしたサスペンス。ウィリアム・アイリッシュによる同名の小説を原作とした、アルフレッド・ヒッチコック監督作品。現在、パブリックドメインとなっている。アメリカ映画ベスト100で42位。
 ・ amazon : Rear Window (1954) / 裏窓
 ・ YouTube Cinema : 裏窓 (字幕版)

Rear Window (1954) / 裏窓のあらすじ

カメラマンのジェフ(ジェームズ・スチュワート)は事故で足を骨折し、車椅子生活を余儀なくされる。そんな彼にできる楽しみは、カメラの望遠レンズを使って裏窓から見る隣のアパートの住人達の人間模様の観察であった。
ある日、いつも口喧嘩が絶えなかった中年夫婦の妻が突如として姿を消す。セールスマンらしい夫の怪しい挙動を観察していたジェフは、数々の状況証拠から殺人事件と確信。恋人リザ(グレース・ケリー)と共に調査に当たる。事件を認めない友人の刑事を納得させるため、確たる証拠を掴もうとする2人に危機が迫り……。

関連記事

  1. Diabolique (1955) / 悪魔のような女

  2. North By Northwest (1959) / 北北西に進路を取れ

  3. PickPocket (1953) / 拾った女

  4. Strangers on a Train (1951) / 見知らぬ乗客

  5. Le Salaire De La Peur (1953) / 恐怖の報酬

  6. 1950年代サスペンス映画

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。