Diabolique (1955) / 悪魔のような女

『悪魔のような女』(あくまのようなおんな、原題:Les Diaboliques)は1955年制作のフランス映画。アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督・脚本のサスペンスの傑作。現在、パブリックドメインとなっている。

 ・ amazon : Diabolique (1955) / 悪魔のような女

Diabolique (1955) / 悪魔のような女のあらすじ

パリ郊外の小学校。校長のミシェル(ポール・ムーリス)は、病弱な妻クリスティーナ(ヴェラ・クルーゾー)がありながら、同校の女教師ニコール(シモーヌ・シニョレ)と愛人関係にあった。粗暴なミシェルに我慢が出来なくなったニコールとクリスティーナは結託し、ミシェルを殺害して敷地内のプールに遺体を沈める。その後、ある理由でプールの水を抜かねばならなくなった時、沈めたはずのミシェルの遺体が無くなっていた。それからというものの、2人の周囲には、ミシェルがあたかも生きているかのような物証が次々と判明し、ついには警察の介入を招いてしまう。

1996年にシャロン・ストーン、イザベル・アジャーニ主演でリメイク作品Diabolique(1996)が作られた。
 ・ amazon : Diabolique (1996)
 ・ amazon prime : Diabolique (1996)

関連記事

  1. Le Salaire De La Peur (1953) / 恐怖の報酬

  2. North By Northwest (1959) / 北北西に進路を取れ

  3. PickPocket (1953) / 拾った女

  4. 1950年代サスペンス映画

  5. Strangers on a Train (1951) / 見知らぬ乗客

  6. Rear Window (1954) / 裏窓

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。