The Sixth Sense (1999) / シックス・センス

『シックス・センス』(The Sixth Sense)は、1999年のM・ナイト・シャマラン監督のアメリカのホラー映画。
死者が見える少年と彼をサポートする児童心理学者が体験する「未知の世界」と、二人の交流、そして少年が自分の持っている第六感とどう向き合って生きていくのかを描く。
冒頭には、「この映画にはある秘密があります。まだ映画を見ていない人には、決して話さないで下さい」というブルース・ウィリスからの前置きが話題となり、本編も前置きを裏切ることのない衝撃を含む内容で、大ヒットした。
 ・ amazon : The Sixth Sense (1999) / シックス・センス
 ・ amazon prime : シックス・センス(字幕版)
 ・ Google Play: シックスセンス
 ・ Hulu : The Sixth Sense (1999) / シックス・センス
 ・ U-NEXT : The Sixth Sense (1999) / シックス・センス
 ・ dTV : The Sixth Sense (1999) / シックス・センス
 ・ GYAO : The Sixth Sense (1999) / シックス・センス
 ・ TSUTAYA DISCUS : シックスセンス
 ・ Google Play: シックスセンス
 ・ TSUTAYA DISCUS : シックスセンス
 ・ Youtube Cinema : シックス・センス(字幕版)

The Sixth Sense (1999) / シックス・センスのあらすじ

マルコム・クロウ(ブルース・ウィルス)は、第一線で活躍する児童心理学者で、多くの子供を心の病から救ってきた。物語の冒頭で、マルコムのもとに10年前の少年期にカウンセリングを施したビンセントという青年が現れ、「自分を救ってくれなかった」となじられ銃で撃たれてしまう。そして直後、彼が目の前で自殺したことで、実はビンセントを救えていなかったことを思い知らされる。
1年後、マルコムは彼の妻との間に隔たりが生まれていると感じていた。妻は別の男とささやかな愛情を育み、それに反して自分は省みられずに苛立つ日々が続き、自信を失ったマルコムは苦悩と悲しみに暮れる。
そんな中、マルコムはビンセントに良く似た少年、コール・シアー(ハーレイ・ジョエル・オスメント)を担当することになる。コールを救うことができれば、ビンセントと、彼を救えなかった自分をも救えるかもしれない。必死になって受け入れて貰おうとするマルコムに、コールはやがて心を開き、隠していた秘密を打ち明ける。コールには、死者が見えてしまう「第六感(霊感)」があり、ずっと怯え続けていたのだ。この能力のために、コールは学校中の生徒や教師からは「化け物」と異端児扱いされ、事情を知らない母親ともすれ違い、うまくいかなくなっていた。当初は懐疑的だったマルコムも、やがてコールの言葉を受け入れるようになり、死者がコールの前に現れる理由を共に探り始めるようになる。

関連記事

  1. A Simple Plan (1998) / シンプル・プラン

  2. Bound (1996) / バウンド

  3. The Game (1997) / ゲーム

  4. JFK (1991) / JFK

  5. Jacob’s Ladder (1990) / ジェイコブズ・ラダー

  6. Homicide (1991) / 殺人課

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。