Primal Fear (1996) / 真実の行方

『真実の行方』(しんじつのゆくえ、Primal Fear)は、グレゴリー・ホブリット監督の1996年の米国のサスペンス映画。原作は1993年出版のウィリアム・ディールの小説。エドワード・ノートンがアカデミー助演男優賞にノミネートされた。
 ・ amazon : Primal Fear (1996) / 真実の行方
 ・ amazon prime : Primal Fear (1996) / 真実の行方
 ・ Google Play : 真実の行方(字幕版)
 ・ TSUTAYA DISCUS : 真実の行方
 ・ Youtube : Primal Fear (1996) / 真実の行方

Primal Fear (1996) / 真実の行方のあらすじ

冬のシカゴで地元の大司教が惨殺され、大司教のもとで教会のミサを手伝っていた聖歌隊所属の青年アーロン(エドワード・ノートン)が容疑者として逮捕された。自分の名前がテレビのトップニュースに取り上げられることに目がない辣腕弁護士マーティン・ヴェイル(リチャード・ギア)が、アーロンの弁護を買ってでる・・・。

関連記事

  1. Arlington Road (1998) / 隣人は静かに笑う

  2. JFK (1991) / JFK

  3. Shallow Grave (1994) / シャロウ・グレイブ

  4. 1990年前半のサスペンス映画

  5. 1990年代後半のサスペンス映画

  6. Mute Witness (1994) / ミュート・ウィットネス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。