Arlington Road (1998) / 隣人は静かに笑う

『隣人は静かに笑う』(りんじんはしずかにわらう、Arlington Road)はマーク・ペリントン監督の1999年のアメリカ映画。挙動不審の隣人の過去を探るうちに、事件に巻き込まれる男の不条理な姿を描くサスペンス作品。
 ・ amazon : Arlington Road (1998) / 隣人は静かに笑う

Arlington Road (1998) / 隣人は静かに笑うのあらすじ

大学でテロリズムの歴史を教えているマイケル(ジェフ・ブリッジス)は、ある日、路上で大ケガを負ったブレディ(メイソン・ギャンブル)という少年を助ける。ブレディは隣に越してきた設計技師を名乗るオリヴァー(ティム・ロビンス)と妻のシェリル(ジョーン・キューザック)のラング家の息子だった。これが縁で、ファラデイ家とラング家の交流が始まる。マイケルの息子グラントはブレディと親友になり、さらにマイケルの恋人である大学院生ブルックも交え、交流は深まっていく。
だがやがて、マイケルはオリヴァーが何か隠し事をしていると疑うようになる。彼の過去を調べたマイケルは、オリヴァーの恐るべき素性を知る。

関連記事

  1. The Usual Suspects (1995) / ユージュアル・サスペクツ

  2. Open Your Eyes (1997) / オープン・ユア・アイズ

  3. EXOTICA (1994) / エキゾチカ

  4. Falling Down (1993) / フォーリング・ダウン

  5. The Game (1997) / ゲーム

  6. Bound (1996) / バウンド

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。