Apt Pupil (1998) / ゴールデンボーイ

『ゴールデンボーイ』(Apt Pupil)はブライアン・シンガー監督の1998年制作のアメリカ映画。スティーヴン・キングの同名小説(『恐怖の四季』の夏)の映画化。

 ・ amazon : Apt Pupil (1998) / ゴールデンボーイ
 ・ TSUTAYA DISCUS : ゴールデンボーイ

Apt Pupil (1998) / ゴールデンボーイのあらすじ

ロサンゼルスの高校に通うトッド(ブラッド・レンフロ)は16歳、成績も良く、評判の良い生徒であった。ある時、トッドは学校でホロコーストについて学び、興味をそそられて第二次世界大戦や強制収容所に関する本を読むようになる。もっとも、彼の興味はもっぱら内心のサディスティックな衝動に基づくものであった。
そんなある日、トッドはバスの中で、どことなく見覚えのある老人(イアン・マッケラン)を見かけ、その老人の家まで後をつけた。家のドアには”アーサー・デンカー”という表札があったが、トッドはその老人がクルト・ドゥサンダー – ある強制収容所の司令官 – であることに気がつく。
デンカーの家を訪れたトッドは、彼を脅迫し、事実を公表しない代わりに、ナチス高官のコスプレをさせ、収容所時代の詳細な話をするように要求する。思い出話で収容所時代を思い出したデンカー、話を聞くトッドは共に暴力の衝動に引きつけられていく。
そのころ、ナチスに家族を殺されたユダヤ人がデンカーを見かけ、収容所長ドゥサンダーであることを見破ったことから、事態は急速に転がり始める。

関連記事

  1. Ransom (1996) / 身代金

  2. Primal Fear (1996) / 真実の行方

  3. Wild Things (1998) / ワイルドシングス

  4. The Game (1997) / ゲーム

  5. L.A. Confidential (1997) / L.A. コンフィデンシャル

  6. 1990年前半のサスペンス映画

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。